上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は旧正月の初五(五日)で、「春節」の期間では「破五」と呼ばれます。
幼い時には、旧正月五日には朝起きてから爆竹を鳴らしたり、夜餃子を食べたりしたと覚えています。大きくなるにつれて、爆竹の好きでない私は、この日に餃子だけを食べて過ごしています。しかし、どうして「破五」を祝うか、聞いたことも考えたこともありません。
最近、中国伝統文化には益々興味を持ってきたから、今日、この祝日の由来などについて資料を調べたました。

旧暦正月初五(五日)は財産の神を迎える日だそうです。

「春節」を迎えるために、家々は旧暦腊月(十二月)下旬から大掃除をしたり、「年貨」(新年を祝う時必要な品物)を買ったり、部屋を飾ったりしておきます。
春節期間、祖先を祭るほかに、年始周りをするとか、お年玉を上げるか、縁起の良いことをします。一方、正月初五まではものを貸したり、ごみを出したり、ハサミを使ったりしてはいけない(汚かったらごみなど隅にまとめる)ということです。
五日になると、爆竹の鳴らしにつれて、それまでの禁忌(タブー)は全て解消されます。それに、財産の神を迎えます。だから、この日に必ず、餃子を食べます。「餃子」は読み方が「角子」(古代の紙幣)と同じ、形が「元宝」(金や銀の貨幣)に似てるから、縁起の良い食品です。そして、休日で閉店していたお店もこの日にオープンして、商売より財産の神を祭ったりして迎えるといわれます。

正月初五になって、「春節」も1段落を訴えました。

しかし、これ以降旧暦2月までは、新年のご挨拶ができます。
ちょうど良い時のご挨拶は「拝年」と言いますが、遅く申し上げたご挨拶は「拝晩年」と言います。

これから、まだご挨拶してない友達に「拝晩年」をしましょう。


ちなみに、今年は戌年なので、犬ちゃんの吼え方、ワンワンも縁起のいい言葉になりました。発音が「旺」の漢字読みと同じなので、犬ちゃんの形をしているグッズも人気があるようです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keikeilove.blog9.fc2.com/tb.php/72-12d80c0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。