上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.16 西安、見物
7月の上旬ごろ、長春を離れて、主人と西安へ向かった。
西安の道に立って、さすがに中国の古都だと感心した。街の建物にしろ、観光地の名所旧跡にしろ、どこでも、中華文化の広さと奥深さが味わえる。楽しいことか、悲しいことか、中国で30年頃暮らした私は、初めてあれだけ自分の国の文化に引かれているような気がした。

☆大雁塔
大雁塔
☆大雁塔広場の前に置かれたゴミ箱も古代文化の雰囲気。
ゴミ箱

☆大雁塔の前の立派な壁画。近代的な作品だが、唐の繁栄と玄蔵西行などの場面を再現した。
壁画

☆西安特産の古代楽器、塤(xun)を買った。
古代楽器

☆銅像、唐の踊り子。唐に戻ったかしら。。。
唐の踊り子

☆始皇帝の兵馬俑。この前、歴史書とテレビで何回も見たが、現場に出たら、やはり驚いた。発掘された1号、2号、3号の墓室だけだが、面積が想像以上に広かった。始皇帝墓の地宮は、これから発掘するかどうかまだ検討中だという。
兵馬俑

☆有名な華清池。唐玄宗と楊貴妃のラブストーリーはここで発生したかしら。。。
華清池

☆唐風の建物。西安市内でよく見える。旧跡ではないが、立派で印象的。残念なことに、観光したとき、曇ったので青空が見えなかった。
唐風の建築

☆小雁塔と書院門の柱にある唐風の石像。顔立ちが様々だ。
唐風の彫刻 彫刻の2


☆博物館で見た半坡文化遺跡に出た人面魚紋盆。7000年前の人類の知恵と美意識が読めるだろう。
半坡人面魚紋盆


西安、またいつか、行きたいと思う。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keikeilove.blog9.fc2.com/tb.php/79-d686d39a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。